★不登校・ひきこもりの為の社会適応施設「フリースクール自活館」

生きたお金に!アルバイト代の使い途

新学期の数日、長年のお付き合いがあるお店から、ヘルプの声がかかりました。

文具を運ぶのを手伝ってくれということで、

日頃つけた体力をいかして、自活館の生徒たちをご指名。4人が参加しました。

ノートの箱を抱えて、一階から三階まで運びます。

紙って、束になると、重いんですよね。

そのアルバイトが終わって、もらった給料ですが、

ぜひ、みんなと分かち合いたい

ということになりました。

すごいですね、人に振る舞えるなんて、家族をもてる第一歩です。

ちょうど、写真を整理していて、花鳥園に行ったときの写真がでてきました。

ちびっ子だったのが、立派になって、「こんなに変わるんだね」。

ラーメンを食べに行ったとしても、記憶に残らない。

それを見て、「心に残る、あのときに、行ったね、そういえば、○○がいたね、こんな写真撮ったね」と言えるような事の方が良い。

「生きたお金の使い方をしよう!」となりまして、

アルバイト代に足りない分は先生がプラスしてくれて、花鳥園に行くことになりました。

みんなから、ありがと〜〜〜〜〜。と言われて、ちょっと鼻高々。

労働の成果が、ありがとう。

そして、たくさんの写真にかわりました。

アルバイトを通して、ダメ出しされたこともあるし、合格をもらったこともある。

しかし、経験したことで、大きな学びが得られました。

お金もらうって、楽じゃないな・・・と分かったのも、良い経験。

外の風を感じて、少し立派になったかな。

気持ちよく、「みんなで」という心に育ったことが、何よりも成長を感じ、とても嬉しかったです。

掛川花鳥園へおでかけ(元気学園のブログ)

 

 

コメント / トラックバック1件

  1. みみ より:

    いつもお世話になっています。
    自活館の皆さん、アルバイトのお給料を皆さんに振る舞う。
    先生のコメント通り、なかなか出来ることではありません。
    ありがとうございました。

    先生方いつもありがとうございます。


サイトマップ

PAGE TOP