★不登校・ひきこもりの為の社会適応施設「フリースクール自活館」

保育士試験

保育士の資格は国家資格です。 保育士になるには、二通りの方法があります。 養成課程の単位が習得できる、短期大学・大学・専門学校を卒業すれば、試験を受けなくても保育士になれます。養成課程のある学校を卒業しなくても、受験資格を満たしていれば出願することができ、年に一回行われる試験に全教科合格すれば、保育士になることができます。 このように保育士になるには、1.学校を卒業する方法と 2.試験を受けて合格する方法があります。



大学62単位以上の単位習得
(大学2年もしくは短大)以上の資格→受験資格がある
受験資格はその限りではありません。受験希望の方は社団法人全国保育士養成協議会が保育士試験を実施していますので、そちらに問い合わせてください。


一次試験で合格した科目は3年間有効です。3年以内に一次全教科と実技試験の合格を目指すことができます。
試験科目が多いので、時間をかけてしっかり内容を理解していくことが一番の近道です。
読解力や国語力があれば、勉強時間を短縮することができます。
試験は専門分野なので、それほど簡単なものではありませんが、難問、奇問はないので、過去問題を参考にして勉強をすすめれば、合格することができると思います。

 


サイトマップ

PAGE TOP