★不登校・ひきこもりの為の社会適応施設「フリースクール自活館」

‘大学受験’ タグのついている投稿

高校3年生の秋におこる不登校と体調不良

IMG_0851Q 高3の相談です。今までどうにか持ちこたえていましたが、この時期になって、お腹が痛い、授業中もお腹が気になっていたたまれないといって、休みがちです。

A 秋風が吹き始めるこの季節、受験シーズン到来といったところです。

体力とバイタリティーがあるタイプの子供は、今から、最後のスパートと言わんばかりに、すごい勢いで伸びていきます。
一方、神経が繊細なタイプや、結果をすごく気にしている子供たちは、この時期から、お腹が痛い、吐き気がする、頭痛が・・・と不定愁訴のオンパレード。自律神経系の乱れが原因だと思われます。不安がそうさせているのでしょうから、薬はあまり効かないです。不安の原因を取り除かない限りね。
要するに、自分の思っていた通りの学校にいけそうにない。
というのが、大きな理由です。
えっつ、うちの子はそんなに成績も悪くないし・・・・と思われるお母さん。
子供には本音というのがあるのですよ。
この時期に不調になる子供たち、親や他人には、はっきりとは言わないけれど、大志を抱いていたりするものです。
それは、その目標に向かって努力するということならとても良いことなのですが、なかなかそうはいかないですね。
それだけ、隔たりが大きいということでしょう。
自分の実力と希望との隙間をうめていって納得していき、今無理でも「いつか!」と思って頑張れるような精神的な成長ができていればよいのですが、そのあたりはとても難しいです。
同級生で、同じ年齢と言えども、心の成長は、全く、その子によって違うものです。
また、体力があれば、前向きに考えられるのですが、体力がないと、なおさら、発展的な考え方はできなくなってしまいます。
対処法としては、休ませるかペースを緩めるかして、まずは落ち着かせることです。

これと同じことが、高校受験の中3、また、小学受験の小6でもおこることがあります。
原因も、対処方法も、ほぼ同じです。

 


サイトマップ

PAGE TOP