★不登校・ひきこもりの為の社会適応施設「フリースクール自活館」

側弯症で1年前は病院通い、今は毎日1万歩OK

お母さんから手紙が来ました。

一年前は、毎日病院通いで、「痛い痛い」と言っていたのに、

今年は、一日も休まず学園生活をエンジョイ。

病院と学校と家庭をあわせもつ治療教育で、

痛みが激減。

痛みから解放される生活です。

あれをしたり、これをしたり、毎日笑顔で暮らしています。

コメント / トラックバック1件

  1. 浜松の父母 より:

    娘が大変お世話になっております。 

    身体の治療教育から、秘書検定の為の勉強まで、様々な先生にご指導を頂き、本当に感謝しております。

    娘の側弯症と、椎間板ヘルニアの痛みは、中学から高校にかけて少しずつ進行し、三年生の終わりに学園に入学させて頂いた時には、常に背中の痛みをかかえ、毎月病院に通いながら、たくさんの薬を飲み、不安を抱えて過ごしているような状態でした。

    入学後、万歩計の話を聞いた時には、以前の状態からは、五千歩でもスゴイ事!!と感じましたが、今は一万歩を続ける事が出来ているとは、本当に驚きです。
    娘の状態がここまで改善したのは、身体の状態から何が必要かを見極めて、決め細かく指導して下さる先生方のお力と、スタッフ、生徒の皆さんのお陰と感謝しております。

    元気学園にしか出来ない治療教育により、痛みを気にせず、人に必要とされる仕事のお手伝いをし、自分のペースで運動をし、勉強をする学生生活は、娘にとっては、貴重な経験となっております。 

    娘が健康そうになっていく様子と、笑顔を見るのは私達もとても嬉しく思っております。
    本当にありがとうございます。

コメントをどうぞ


サイトマップ

PAGE TOP